卒業論文 日本人の「食」の思想

参考文献

E・S・モース著、石川欣一訳『日本その日その日 2 〔全3巻〕』平凡社,1970年


石田戢『現代日本人の動物観 動物とのあやしげな関係』ビイング・ネット・プレス,2008年


江原絢子監修、佐藤正光著『「日本人」を知る本――人・心・衣・食・住[4]日本人の食事』岩崎書店,2004年


江原絢子、東四柳祥子『日本の食文化史年表』吉川弘文館,2011年


岡田哲『とんかつの誕生』講談社,2000年


鎌田慧『ドキュメント 屠場』岩波書店,1998年


川辺長次郎『日本食肉史年表』食肉通信社,1980年


共同訳聖書実行委員会『聖書 新共同訳 ― 旧約聖書続編つき』日本聖書協会,1987,1988年


宮内庁『明治天皇紀 第二』吉川弘文館,1969年


慶応義塾「肉食せざるべからず」『福澤諭吉全集 第8巻』岩波書店,1960年


西郷竹彦『<現代教育101選> 34 虚構としての文学』国土社,1991年


坂本太郎、家永三郎、井上光貞、大野晋校注『日本書紀 下 日本古典文学大系68』岩波書店,1965年


鯖田豊之『肉食の思想―ヨーロッパ精神の再発見』中央公論新社,1966年


鈴木大拙「米国通信(僧侶の肉食に就きて)」『鈴木大拙全集 第二十七巻』岩波書店,1970年
立川武蔵『日本仏教の思想』講談社,1995年


中村生雄「殺生罪業観と草木成仏思想」『狩猟と供犠の文化誌 [叢書・文化学の越境14]』森話社,2007年


中村生雄『日本人の宗教と動物観―殺生と肉食―』吉川弘文館,2010年


中村隆、前田忠彦、土屋隆裕、松本渉『統計数理研究所 研究リポート99 国民性の研究 第12次全国調査-2008年全国調査-』大学共同利用法人 情報・システム研究機構 統計数理研究所,2009年


原田信男『なぜ生命は捧げられるか――日本の動物供犠』御茶の水書房,2012年


原田信男『日本の食はどう変わってきたか 神の食事から魚肉ソーセージまで』角川学芸出版,2013年


菱沼勇『日本の自然神』有峰書店新社,1985年


文化庁文化部宗務課『宗教年鑑 平成24年度版』文化庁,2013年


宮沢賢治「ビヂテリアン大祭」『【新】校本宮澤賢治全集 第九巻 童話Ⅱ 本文篇』筑摩書房,1995年


宮沢賢治『【新】校本宮澤賢治全集 第十五巻 書簡 本文篇』筑摩書房,1995年


湯浅博雄「聖なるもの/呪われたもの」『岩波講座 現代社会学 第7巻 〈聖なるもの/呪われたもの〉の社会学』岩波書店,1996年


『読売新聞』2008年5月30日朝刊25面「宗教観 本社連続世論調査」(筆・?田知久、戸丸由紀子、米川丈士)


ルイス・フロイス著、岡田章雄訳『ヨーロッパ文化と日本文化』岩波書店,1991年


渡邊實『日本食生活史』吉川弘文館,1964年

 

 


NPO法人日本ベジタリアン協会(最終閲覧日:2013年12月19日)
http://www.jpvs.org/

 

菜食のススメ(最終閲覧日:2013年12月19日)
http://saisyoku.com/

 

特定非営利活動法人アニマルライツセンター(最終閲覧日:2013年12月19日)
http://www.arcj.info/

 

特定非営利活動法人アニマルライツセンター「動物はあなたのごはんじゃない」(最終閲覧日:2013年12月19日)
http://www.hopeforanimals.org/

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の「食」の思想トップへ  ◇謝辞へ  ◇資料1へ


 

 

【注意!】

 

専門家でも何でもない、一介の大学生の卒業論文です。

この論文を「参考文献」にしたり「引用元」にしたりしても、あなたの論文の信頼性を高めることはできません。ご注意ください。

ただ、引用元や参考文献一覧を見れば、参考になる情報が見つかるかも知れません。

 

論文の内容に関するご質問にはお応えできません。ご了承ください。

 

 


 

 

―― 【 目 次 】 ――

 

要約

 

   
第一章 屠畜を経験しなかった日本
  第一節 肉食禁止令の真意
  第二節 穢れ観の肥大化
 

第三節 文明開化と畜産業の開始

 

第二章 殺生と向き合う思想の欠如
  第一節 「かわいそう」との出会い
  第二節 西洋における屠畜の正当化
 

第三節 仏にもすがれない

 

第三章 殺生それ自体が残酷であるという意識
  第一節 日本と西洋の動物観の違い
  第二節 菜食主義に「偽善」を感じる日本人
  第三節 アニミズムと如来蔵思想
 

第四節 肉も野菜も食べ続ける

 

第四章 現代日本人は「食」とどう向き合うか
  第一節 無意識の殺生から自覚的な殺生へ
  第二節 人間、動物、植物を同じ次元に置く
 

第三節 罪悪感の正体

 

参考文献   現在地
謝辞  
   
資料1 ネット上での菜食主義議論
資料2 質疑応答(口頭試問)
 
 
 
 

Count from 2013.10.23

 

▼ 声のお仕事受付中 ▼

夢前黎 声のお仕事募集中!

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼