卒業論文 日本人の「食」の思想

 私はこれまで、現代日本人にとって納得のいく「食」との向き合い方を考えてきた。その結果、弱肉強食は「善でも悪でもない自然の営み」であると意味づけられたが、人間の高い共感能力によって引き起こされる「動植物への同情」については、いまだ剥き出しの状態で眼前に置かれたままである。本論文の締めくくりとして、人間の幸福のために殺されるものたちへの憐憫に、私なりの意味づけを与えたい。

 

 食べられるものへの憐れみ、食べなければ生きていけないことへの悲しみはなくせない。人間にできるのは、自分は他者を犠牲にしてでも快適に暮らしたいのだと割り切り、動植物の利用に自覚と覚悟を持つことだけだ。肉食動物が平然と肉を食べ、草食動物が平然と草を食べている一方で、人間は憐れみに苛まれながら生きるしかない。これは食事だけでなく、人間社会での競争についても言えることである。
 善でも悪でもない自然の営みに、人間だけが悲しみを覚えるのだ。

 

 では、人間は不幸な生き物なのだろうか。私はそうは思わない。
 動植物をかわいそうだと思える感性があるからこそ、人間は共同社会を築き、愛し合い、幸福の意味を考えることができる。他のどの動物よりも悲しみを知っている心で、他のどの動物よりも深い喜びを感じることができる。大量生産・大量消費が本当の幸福ではないと感じるなら、もっと納得のいく幸福な社会を目指すこともできる。
 動植物の殺生は悪ではない。そして、動植物に憐れみを感じることもまた、決して人間にとって悪いことではない。心の痛みに蓋をしてしまうのではなく、自分がそのような心を持っていることの意味を考えることで、少しだけでも、生きることを肯定的に捉えられるようになるのではないだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本人の「食」の思想トップへ  ◇参考文献へ  ◇謝辞へ  ◇資料1へ


 

 

【注意!】

 

専門家でも何でもない、一介の大学生の卒業論文です。

この論文を「参考文献」にしたり「引用元」にしたりしても、あなたの論文の信頼性を高めることはできません。ご注意ください。

ただ、引用元や参考文献一覧を見れば、参考になる情報が見つかるかも知れません。

 

論文の内容に関するご質問にはお応えできません。ご了承ください。

 

 


 

 

―― 【 目 次 】 ――

 

要約

 

   
第一章 屠畜を経験しなかった日本
  第一節 肉食禁止令の真意
  第二節 穢れ観の肥大化
 

第三節 文明開化と畜産業の開始

 

第二章 殺生と向き合う思想の欠如
  第一節 「かわいそう」との出会い
  第二節 西洋における屠畜の正当化
 

第三節 仏にもすがれない

 

第三章 殺生それ自体が残酷であるという意識
  第一節 日本と西洋の動物観の違い
  第二節 菜食主義に「偽善」を感じる日本人
  第三節 アニミズムと如来蔵思想
 

第四節 肉も野菜も食べ続ける

 

第四章 現代日本人は「食」とどう向き合うか
  第一節 無意識の殺生から自覚的な殺生へ
  第二節 人間、動物、植物を同じ次元に置く
 

第三節 罪悪感の正体

 

  現在地
参考文献  
謝辞  
   
資料1 ネット上での菜食主義議論
資料2 質疑応答(口頭試問)
 
 
 
 

Count from 2013.10.23

 

▼ 声のお仕事受付中 ▼

夢前黎 声のお仕事募集中!

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼