『イルミナ』  中3の時書いたラノベ等身大すぎワロタww  →企画トップページ


9年後の作者の感想

2016年1月5日


 

最初は「メイはぐう聖すぎて等身大とは言えないかなー」と思っていたのですが、読み返してみるとちゃんと等身大でしたね。

内心はぐう聖でも、外に向けた言い方が結構辛辣だったりして(あなたのやってきたことは全部無駄とか、外の人たちは凶悪とか、平然と言うんですよねw)、その辺の配慮のなさは「ああ、中3だな」と思いました。

また、挫折やコンプレックスに立ち向かう様子が、大変等身大に描かれていたと思います。

 

メイが「イルミナ族は兵器(になり得る)」というバイゼンの考えに同意した心理は、描写不足だったと思いますが、おそらく直前に「今までクラリスに利用されていた」という事実を突きつけられていたので、「自分は生きているだけで兵器として利用される危険性がある存在なのだ」と納得してしまったのでしょう。

 

そんなメイが、死のうとしても死に切れず、自分の中にある「生きたい」という気持ちを認め、人に迷惑をかけるリスクを冒してでも生きて人の役に立ちたいと思う流れは、まさに中3のメンタリティを映し出しています。

 

すごい人になりたい(漠然とした将来への希望・期待)

→でもなれない(全能感の喪失)

→それどころか生きていたら人の迷惑になる(少年期特有の自己嫌悪)

→自分なんか死んだ方がいいんだ(少年期特有の自暴自棄)

→でも死にたくない(本能)

→みんな完璧じゃないけど生きている、世界とはそういうものなんだ(自分と他者の存在を肯定)

→完璧にはなれなくても、自分にできることを頑張ろう(人生の目標設定)

 

そういう観点から見ると、やはり『イルミナ』は中3の思考をよく表現していて、いい資料だと思いました。

 

 

 

Twitterに投稿していたあらすじ・感想・裏設定まとめ

 

800文字あらすじ(Re:I別館)

 

プロローグ~第一章 出会い、始まり

「中3っていうのはこんなこと考えながら生きている年頃なんだなぁ」と思いながら読めば、そこそこ楽しめると思います。

 

第二章 正義という名の殺戮

2人の少女の旅が始まりますが、そこにあるのは天然とツンデレの友情物語などではなく、大量の山賊の死体なのでした。 

 

第三章 真価の目覚め

修行回。魔法の呪文は英語以外の言語をもじったり組み合わせたりして作られているのですが、絶望的なまでにダサいです。

 

第四章 紅(くれない)の蝶

唐突に始まる酒飲み大会、そして敵の女幹部登場。魔王の目的は奴隷解放!?

 

第五章 絆の中での転身

何と2度目の修行回。これまで明るく振る舞っていたメイが、実は穏やかならざらぬ感情を抱えていたことが明かされる。

 

第六章 散りゆく輩(ともがら)

鬱展開の始まり。主人公勢と魔王が純粋すぎて……。シーク「俺が話つけてくる」→敵女幹部「シークは反省室行きになったので代わりに来ました」の流れは卑怯ww

 

第七章 罪と記憶

主人公投身自殺回。シリアスシーン中にちょくちょくギャグらしきものを入れて台無しにしているのは、当時真面目にシリアスを書くのが気恥ずかしかったからです。

旅に出てからの数か月、悪人や暴力は本の中だけの存在ではないということを知っても明るく振る舞い続けたメイが、内心では「イルミナ族の世界は完璧だった」「外の人たちは凶悪」「世界が嫌になりそう」と思っていたことにビビる……。

 

第八章 血に科せられた運命(さだめ)

バトル回。メイが魔法と戦いに関して高い素質を持っていることが示されます。それに引き換えクラリスさんは……。

 

第九章 真実のバラッド

遂にイルミナ族の歴史が語られる……が、全然わくわくしなくて逆にすごい。

 

第十章 ルーヴァの理(ことわり)

バトル回。城に攻め込まれた魔王が「自分が出ていったら戦いが激化して城が崩れて皆死んじゃうから部屋から出られない」ってwww

純粋な人が騙されまくる回でもあります。裏切られる展開3連発とはww(魔王の城が脆いのは戦場となることを想定していない=裏切り者が出て城にかけた隠れの呪いが無効になることを想定していないためなので1カウント)

 

第十一章 夢の終焉

「平和の中にも争いがあるのだという事を、また、争いの中にも平和はあったのだという事を、人々は忘れようとしている。これでは真の平和など望めないのに」←意味不w

すべてが悲惨なのに、無理矢理カタルシスに導こうとしている感が半端ないです。

 

エピローグ

謎ポエムで締め。「ある者は平和が訪れると言い、ある者は世界が壊れると言う。本当の事は、誰にも分からない」って、何も分かってねえじゃねーかww

 

 

目次へ  ◇掲示板へ


感想を書かなくても押せる拍手ボタンです。 

スポンサーリンク

Count from 2013.10.23

 

▼ 声のお仕事受付中 ▼

夢前黎 声のお仕事募集中!

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼