星新一っぽい読後感のショートショート第1弾。

クローン屋

 

 Aは、鼻の脇のほくろが特徴的な、どうしようもなく短気な若者だった。
 彼は、自分の気が短いのは、自分を育てた里親のせいだと考えていた。
「そうとも、もし俺が実の親に育てられていたならば、今頃こんな惨めな思いをしなくても良かったのだ。いや、そうでなくても、もっと俺の気持ちを分かってくれる里親に預けられていれば……」
 そんな事を言いながら歩いていると、不意にさびれた店が目に入ってきた。
『クローン屋』
 あんなところに店なんてあっただろうかと疑問を持ちながらも、Aは興味本位で店に足を踏み入れた。中は存外に広く、カウンターには一人の老人が座っている。だが、商品らしきものは見当たらない。
「いらっしゃいませ。ここに来るのは初めてのようですね」
「この店は一体何を売っているのですか?」
「店名通り、クローンですよ。お客様のクローンをお作りしているのです」
「ほう、クローンを」
 Aは老人の商売にいたく興味を持った。
「私のも作っていただけますか」


 数ヶ月後。Aは自分のクローンを受け取って、育て始めた。
「俺はお前、お前は俺だからな。俺はお前の事を世界で一番理解してやれる親だ」
 ところが、成長につれ、クローンはAの短所を顕著に表すようになってきた。Aはそれが許せなくて、ついにクローンを殺してしまった。
 Aは二人目のクローンを購入し、育てた。しかし結果は同じだった。
「おかしい。こんなはずはない。俺が育てているのに!」
 購入しては殺害し、購入しては殺害し、そうして数十年がすぎた頃、Aはようやく理想の息子を手に入れた。けれども、彼はもはや自分のクローンを信じていなかった。
「お前がそんないい子なわけは無いんだ。なんたって、俺なんだからな。この嘘つきめ!」
 Aは、そのクローンをも手にかけ、ぐったりとソファーにもたれかかった。
「ああ、どうやら俺の性格は、何度人生をやり直しても同じらしい」
「全くその通りだよ」
 聞き覚えのある声にはっとして振り向いた時、Aはすでに拳銃で胸を貫かれていた。
 彼が最後に見たものは、鼻の脇にほくろのある男の顔だった。

Count from 2013.10.23

 

▼ 声のお仕事受付中 ▼

夢前黎 声のお仕事募集中!

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼