高校の卒業文集。テーマは「十年後の私」。

笑ってください。

 

十年後、私がまだ私であるなら

 

 十年の月日にかかれば、若者など容易に全くの別人にされてしまう。実際、十年前の私と今の私は別人だ。体内の水分が数週間かけて入れ替わるように、「私達」も数年かけて徐々に変化し、別人になった。この間私は変化を自覚する事なく、自然に古い自分を捨て、新しい自分に取り換えてきた。

 これは大人になるための宿命で、誰もが当たり前のように通過していくものだが、「十年後の私」という主題を与えられていざ向き合ってみると、空恐ろしい気持ちに囚われる。

 もし、十年後この文集を手にしているのが、すっかり様変わりして「私」の影も残っていない大人だとしたら? その時「私」は、すでに過去のものとして廃棄されているのだろう。他でもない、未来の自身の手によって。

 自我がこんなにもあっけなく消えてしまうなんて、考えてもみなかった。自分に素直に生きてきた私にとって、これは恐怖以外の何物でもない。しかし、冷静になって考えると、十年経とうが五十年経とうが代わらない個性もあるように思う。例えば、私は作曲が趣味だ。きっとこの趣味は一生ものだろう。十年後職場で働く自分は想像できないが、パソコンに向かってミュージックシーケンサーをいじっている自分なら想像に難くない。どんなに精神が更新されても、核として残る部分はあるはずだ。その中に、「私」は生き続ける。

 私はいつだって、自分が正しいと思う道を選んできた。そのせいで周囲に迷惑をかけた事もある。それでも、私は自分の選択で後悔したくはなかった。――この性格こそが、私を私たらしめている核であるに違いない。

 十年後の私へ。貴方がまだ少しでも「私」であるなら、自分と世間の価値観が噛み合わなかったとしても、胸を張って自分の道を歩んでほしい。それが、私を過去へと追いやった貴方にできる、せめてもの償いなのだ。

 

 

ちなみにこれを書いたのは高2の時。笑いながら書きました。

高2の時点で卒業文集を書かされると、モチベーション下がりますよね。

高3になってから書かされるのも、それはそれで受験勉強の妨げになりますが……。

 

Count from 2013.10.23

 

▼ 声のお仕事受付中 ▼

夢前黎 声のお仕事募集中!

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼