2012年3月26日

2017年4月4日 改稿

ステレオミックスに頼らずPC内部の音を録音する方法

 

この記事は、

 

「PC内部の音を録音したいんだけど」

「コントロールパネル→サウンド→録音のページの中を右クリックして、無効なデバイスの表示をやってごらん。そしたらステレオミックスが出てくるよ。それを右クリックで有効にして……」

「ステレオミックスなんて出てこねぇよ」

「ちゃんと探しましたか?」

「俺のパソコンには元々ステレオミックスなんて入ってねぇんだよ!!」

「じゃあステレオミックス機能のついてるオーディオインターフェースを購入してください」

「コードとか外部機器とか通さず、PC内で完結できないの……? できれば無料で」

 

という方のためにあります。

また、ステレオミックスはあるが上手く録音できないという場合も、別の録音方法を模索する上で参考になります。

 

 

動機 (読み飛ばしても構いません)

 

僕の目標は、ステレオミックスがないVistaで「MSGSで再生することを前提としたMIDI曲」をノイズのないwavとして保存することでした。

僕は今まで、スピーカー端子とマイク端子を直接コードで繋いで録音していました。しかし、これだとシャーッというノイズが入ってしまう上、端子を痛める可能性があるらしいのです。
僕はずっと、タダで問題を解決できるいい手はないかと考えていました。

 

 

PC内部の音を録音するフリーソフトはおすすめしません

 

PC内部の音を録音するフリーソフトはたくさんあります。

しかし、PCとの相性の問題があって、録音がステレオミックスに依存していたり、エラーが起きて使えなかったり、録音できても途切れ途切れになっていたりして、残念ながらどれも駄目でした。
そして僕は、PC画面を「録画」し、その動画から音声ファイルを抜き出そうと考えたのです。

 

 

用意するフリーソフトは2つ

 

Bandicam

 動画キャプチャソフト。PC画面を録画し、動画形式で保存できます。

 

Audacity

 音声編集ソフト。機能拡張で、動画から直接音声を取り込めるようにできます。

 

どちらも操作は簡単です。

PCとの相性もありますが、僕はこの2ソフトをお勧めします。

 

特に、録画できるフリーソフトはたくさんあり、知る限りすべて試してみましたが、僕のPCではBandicam以外上手く撮れませんでした。(有名なのはアマレココですが、これはPCとの相性が悪いせいか、音が途切れたり崩れたりしてしまいました。 ※2012年当時の話です

 

Bandicamには有料版と無料版があり、無料版には、一度に10分までしか録画できないのと、動画にBandicamのロゴが入るという制限があります。

ロゴの方は、音を録るだけなら全く問題になりませんが、録りたい音の長さが10分を超える場合には、有料版をご利用いただくか、上手いこと10分おきに継ぎはぎするか、他の録画ソフトをお試しください。

 

 

Audacityに「FFmpeg」を導入

 

動画から音声を取り込めるように、Audacityの機能を拡張します。簡単です。

やり方は、当サイトのAudacity講座の「進化させてみる編」で解説しておりますので、そちらをご覧ください。

 

 

Bandicamで録画

 

Bandicamで適当な画面を録画しつつ、録音したい音を再生します。こうすることで、その音が少しのノイズもなく動画とともに保存されます。

 

設定は、「ビデオ」タブ→「フォーマット」→「設定」ボタンで、次のように設定するとCD音質になります。

 

・ファイル:AVI

・ビデオ:音だけが目当てならここは適当で構いません。低画質の方が省エネ。

・オーディオ:コーデックはPCM/チャンネルはステレオ/サンプルレートは44100Hz

 

動画ファイルの保存場所は、「一般」タブ→「オプション」→「保存先ディレクトリ」→「…」ボタンで設定できます。

 

 

③Audacityの画面に動画ファイルを放り込む

 

ファイル等をマウスで掴んで動かし、別のフォルダや作業画面に放り込むことを「ドロップ」と言いますが、それをやってください。それだけで自動的に音声が抽出されます。

 

 

④前後の無音部分を削除し、音量を最大化してWAV(or MP3)書き出し

 

録画を始める→音を流す→録画を止める という手順ですので、目的の音の前後に無音部分があるかと思います。この部分をマウスで選択し、Delキーで削除しておくと、余計な無音部分がなくなってすっきりします。

 

音量の最大化については、こちらのページの「増幅」の項目を参照してください。

 

WAVやMP3での書き出しについては、こちらのページの「音声ファイルを書き出す」の項目を参照してください。

 

※Audacityは直感的に操作できるソフトですが、もし分からない点があれば、当サイトのAudacity講座をご覧ください。 Audacity講座へ

 

 

 

※2012.09.08 追記

 

Bandicamに「キャプチャー中にオーディオトラックをWAVファイルで保存する」機能が追加されていました。(「ビデオ」タブ→キャプチャー→詳細設定→「音声」タブ内)

 

しかしこれはどうも、録画の音声設定を41000Hzにしていてもwavの方は48000Hzで保存されてしまうらしく、必要以上にデータが重くなってしまいます。

 

Audacityで48000Hzから標準である41000Hzへ変換することもできますが、普通に動画だけ撮ってAudacityに放り込んだ方が楽なので、「キャプチャー中にオーディオトラックをWAVファイルで保存する」にチェックを入れる必要はありません。

 

 


感想を書かなくても押せる拍手ボタンです。  

Count from 2013.10.23

 

▼ ブログ&フリー素材 ▼

ブログ『145cmの考察』

▼ フリーゲーム ▼

健全なハートフルRPG『そして神様は、幼女にパンツを履かせてあげました。』
コンセプトは人間愛!? ハートフルRPG
新感覚対戦カードゲーム『戦国花札』
コンピュータ対戦ができます!

▼ 音声作品▼

ヤンデレに拉致監禁されて耳掻きされる音声作品
ちょっと怖くて切ない耳かきボイス。
ヤンデレに拉致監禁されて死ぬまで愛を囁かれる音声作品
悲しいほどに純粋な、愛の物語。

▼ 商用利用向け素材 ▼

※非営利目的でのご利用であれば

フリー素材コーナー無料DLできます!

メッセージも送れます!


スポンサーリンク

▼ 著書紹介▼